CATEGORY MAGXアーカイブ

「ニューモデルマガジンX」の誌面上で、過去に掲載された人気の高い記事を適宜公開します。

200810MAGXアーカイブ

新車スクープ記者版 鬼十訓

元マガジンX、スクープ記者の「鬼」が指南。新車スクープ記者版 鬼十訓。意外かもしれないが、マガジンXが自動車メーカーの相当厳しいスクープを掲載しているからと言って、露骨な形での「広報部出入り禁止」や「広報車貸与禁止」となったことは、ほとんどない。もちろん、面会を避けられたり、そもそも広報車をはじめから貸してもらえなかったりという、いやがらせは年中行事の、馴れっこであるが。

ハザードランプMAGXアーカイブ

ハザードランプは違法駐車の免罪符じゃない

クルマの「非常点滅表示灯」、通称ハザードランプ。最近、この使い方がおかしい気がする。本来は後続車に危険を知らせるための表示灯。ところが、街の中を見ていると多くのクルマは路上に駐車するときにハザードランプを使用している。そして、これさえ点滅させておけば、どこでも駐車OKかのような風潮。まるで違法駐車の免罪符かのようだ。今回は、ハザードランプのおかしな使い方についてちょっと考えてみた。

magx newsアイキャッチ画像MAGXアーカイブ

自分勝手な運転は、他人に大きな迷惑をかけていることを少しは自覚しろ

道路で急にブレーキを踏んだり車線変更をしたら、後続車はもちろん自分にとっても非常に危険であることをまったく考えないでクルマを運転するドライバーが急増している。なぜ、そんなことになってしまうのか?危険なドライバーが増加する背景を考えてみた。

MAGXアーカイブ

クルマも歩行者も駐車場内での安全確認を怠るな。駐車場は危険がいっぱい。

全国に林立しているショッピングモールやスーパーマーケット。ほとんどの客がクルマで買い物に行くので、大型の駐車場が併設されていてとても便利だ。しかし、その駐車場内を見ているとルール無用というか、いつ事故が起きても不思議ではない状況を頻繁に見かける。そんな危険だらけの駐車場での走行について考えてみた。