HEVながらワインディングでも楽しめるフィットRS

スポンサーリンク

Fit_fr20年に登場した現行フィットでスポーツ色の強いモデルが姿を消したことに落胆し、再設定を望む声は市場だけでなくホンダ社内でも少なからず存在したという。それを受けて今回のマイナーチェンジで新グレードのRSが加わった。

今回のマイナーチェンジでは既存グレードも含めてパワートレインが改良され、1.5Lエンジンは最高出力が98psから106psに、駆動用モーターは80kW(109ps)から90kW(123ps)にそれぞれ増強された。おかげで発進加速は力強さが増し、電動車ならではのフィーリングに磨きがかかった。
Fit_engine

ドライブモードにはRS専用のSPORTが用意されており、選択時にはエンジン回転数の上昇スピードが早まる(他グレードも含めてe:HEVには有段ATのようにエンジン回転数がステップアップしていく制御が織り込まれている)。
また、手元で回生の強さを4段階に変えられる減速セレクターも専用装備されており、ブレーキに頼らずワインディングを下ることも可能だ。サスペンションのチューニングも変更されていて街乗りでは硬めの印象を受けるが、ワインディングでは全高の高さを気にせず右へ左へと操舵を繰り返しても姿勢が保たれて怖い思いをせずに済む。
Fit_driveFit_paddle

エクステリアには専用開発された前後バンパーとサイドシルスポイラー、ルーフスポイラーが装備されていて空力特性が向上。専用アルミホイール、標準車にはないフロントグリル、ブラック仕上げのドアミラーによって精悍さが演出されている。
また、内装にはイエローステッチが施されたグレーのシートが採用されており、カジュアルな印象に好感が持てる。
Fit_seatFit_int

Fit_rr主要スペック(e:HEV・RS)
●全長×全幅×全高:4080mm×1695mm×1540mm
●ホイールベース:2530mm
●車両重量:1210kg
●パワートレイン:1.5ℓ直4(106ps/13.0kg㎏-m)&電気モーター(123ps/25.8jg-m)
●WLTCモード燃費:27.2km/L
●駆動方式:FF
●税込み価格:234万6300円(オプションを含まず)

スポンサーリンク